FC加盟店になれば必ず成功し、高収益が出るのか

現代の社会では様々な事業者が経営を行っており、別の事業者同士で常に競争を繰り広げるようになっています。ある事業者の売り上げが下がるということは別の事業者の売り上げが伸びるということであり、市場競争の中では常に「いかに他社の売り上げを削るか」と「いかに自社の売り上げを伸ばすか」ということが焦点となってきます。さて、そうした在り方の中で特に大企業が自社の売り上げを伸ばすために選ぶ店舗の出店方法となったのが「フランチャイズ(FC)」という方法です。これに加盟したうえで出店される業者は「FC加盟店」となりますが、こうしたFC加盟店として出店をする場合には独立開業の場合と比較してもかなり経営をしやすくなります。FCの大本から経営ノウハウを教授してもらうことができ、また業種によっては一般的な卸売業者から仕入れるよりも遥かに低いコストで原料を仕入れることができることもあります。そのため「FC加盟店であれば必ず成功して、高収益が出る」ということがよく言われますが、それではこれは真実なのでしょうか。結論からいえば、これは真実と言って良いかどうかについて疑問が残ります。先に述べたことですが、現代の市場競争の中では既に多くの事業者が市場に参入をしており、顧客の奪い合いを繰り広げています。そうした状況で「FC加盟店なら絶対に高収益が出る」というのであれば、それは市場の中に無限に収益が生まれてくることとなってしまいます。ですが現実世界に存在する貨幣の量には上限があり、当然ながら上限以上の売り上げが市場に存在するということはあり得ません。そのため、FC加盟店として事業をスタートしたからと言っても、それで高収益が保証されるわけではありません。ただしかし、大本の事業者から経営ノウハウを教授してもらうことができ、経営に関するサポートを受けられるということから見れば、全く知識も経験もない人がいきなり独立開業をするよりは、格段に成功率が高まるということは間違いないとみて良いでしょう。独立開業をして失敗するというケースの多くは「事前の準備が足りない」ということや「経営者のスキルが足りない」ということが原因となります。そうした失敗の原因についてはFC加盟店として参加することでかなりの部分をカバーすることができるようになりますから、事業としての成功率を高められるということは間違いのないことです。FCに加盟して事業を運営するということにはこうした特徴がありますから、独立開業を考える際には必ずこうしたポイントを考慮するようにしましょう。

業務支援サービスなら株式会社アクセルメールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 シニアモバイルサービスでは訪問設定サポートや専用コンシェルジュサービスなどスマホ利用のセカンドライフをサポート!
クリニック・医院開業のドクターサポート無料でやります、クリニック開業支援サポート! 会員登録いただくと、WEBサイトから何度でも診療圏調査ができます。

Comments are closed.