電光掲示板の種類と仕組みについて

電光掲示板は様々な場所で活躍しています。繁華街や空港、駅など日本国内でもとても重宝されています。今回はそのような掲示板の種類や仕組みについて説明したいと思います。まずは種類についてですが大きく分けて三つに分かれます。一つ目は電球方式です。これはもっとも古いものに見られる種類で、1980年ごろから利用されるようになりました。しかし、消費電力が大きい事や、定期的なメンテナンスを行わなければいけないなど、デメリットが多くありました。そこで、二つ目にできたものがブラウン管方式のものです。このブラウン管方式では、赤、青、緑のブラウン管でフルカラーを実現することができました。この、ブラウン管方式の掲示板は現在でも多く利用されています。また、特徴として大型の映像表示装置で利用されることが多いです。そして最も新しい電光掲示板がLED方式のものです。このLED方式は他のどの方式よりもコストがかかりません。なので、現在の主流となっています。またLEDの特性である、高輝度であるため屋外で利用する機会も近年では増え始めています。このように、現在の電光掲示板はこの三つの方式を利用しており、様々な場所で目にすることがあると思います。

次に電光掲示板の仕組みについて説明したいと思います。街中や駅内などで、掲示板を目撃した時に、なぜ自動で文字が移るのか疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。今回はそのような疑問をひも解きたいと思います。まず、電光掲示板に移る文字は全てデータとして情報を持っています。持っているデータを読み込み、LEDやブラウン管などを光らせるような仕組みに名ています。また、文字が映し出された後にきれいに移動する原理についても説明したいと思います。文字が滑らかに動くのは特別な仕組みを使っているわけではありません。本当に少しずつ光らせる場所を移動させることにより、流れるように文字が動いているように見せることができます。他にも、LEDやブラウン管の点灯時間などにも工夫をしています。なるべく文字をぼかさないように点灯時間を極短くしています。このようにすることにより、残像が移る時間が減るので文字が滑らかに動いても、文字がぼやけることなくきれいに見えるようになっているのです。このように、仕組みだけでなくこのような普通では気づかないような細かな工夫を行うことにより、低コストでよりわかりやすい電光掲示板が作られているのです。

Comments are closed.