切手が安く販売されている理由

メールが頻繁に使われる現代ではありますが、いまだに切手を利用して郵便物を発送する、という機会は意外とあります。この切手は郵便局やコンビニといった身近なところで販売されているほか、金券ショップや専門店により比較的安価に手に入れることが可能です。特に大量に使用する場合、少しでも安く購入できるというのは嬉しいものです。
そもそもどうして切手を安く販売できるのでしょうか。
それは郵便局が切手の買い取りというサービスを行っていないから、という理由が一つです。
かつて定価で購入した大量の切手、仕事用であれ私的なコレクションであれ、処分しようとしても使わない以上はただの紙切れと同様です。そこで購入時よりも安くてもよいので現金にするために、所持者が金券ショップや専門店に買取りを依頼し、それを販売しているという場合が多いのです。
特に昭和30年ごろ、ブームとともに大量の記念切手が発売されました。当時はブームであったためそれらを購入して保存する人が多くいましたが、現在ではそれもなくなり、買取価格も低迷しているという現状です。当時はレアな貴重品とされていたものでも、現在では収集家が減少している以上、額面以上の価値が認められることは少なく、多くが額面割れしているのです。
かつてでは考えられなかったことですが、こうして安く購入できるという訳なのです。

Comments are closed.