インターネットにおける広告と動画

携帯電話も含むインターネット配信において広告は収入源として重要な要素となっています。広告表現としては静止画やフラッシュ映像、音声を含む漫画、映像、動画など様々な形体があります。その配信技術の違いなどによってはストリーミングやリッチバナー、フラッシュバナーなど色々な呼ばれ方もしています。2000年前後は回線速度も今のようには速くはなかったので、それなりの配信内容のものでしたが、2001年以降はアニメーションと音声を使ったリッチメディアも見られるようになりました。2005年頃からは民放テレビの無料動画配信がCMも挿入されて配信されるようになりました。それと並行して企業もこれに習いテレビCM系のものを配信するようになり、Web2.0の時代に沿ったインターネット独特の方法が取られるようになりました。アフィリエイトにおいては販売促進に効果的なフラッシュやバナーの方法がとられたり、アドセンス広告なども知られるようになりました。動画は静止画よりも視覚や感情に訴える力が大きくて、インタラクティブに働きかけるとされています。それと音楽も重要視され、曲を使用するには著作権者の許諾を要するとして事業者が使用料を支払うようになって来ています。

インターネット広告は携帯電話も含め、自社のウエブサイトや他のサイトを通じて企業が製品やサービス促進の為にマーケッティング活動の一環として行うものです。広告のやり方としてはバナーやテキスト、メールを使ったもの、タイアップしたもの、リッチメディアなどに分かれます。リッチメディア広告とは従来はテキストや静止画などの表現手段だけに頼っていたものが、ブロードバンドや光ファイバーケーブルの利用など回線速度の向上によって発達して来たもので、音声や動画を利用したり、ユーザーからの応答を受け付けられるようになり、豊かな表現が出来てアンケートにも応えられるようになって来ました。商品についてもアピールしたい内容を効果的な音声や表現方法を使って、ユーザー特性も考慮しながら魅力的に見えるように作られるようになりました。但し各ユーザーのネットの回線速度やスペックは一定ではなくまちまちなので、ナローバンドのユーザーには配信できないものとなっています。インターネット上のブログやSNS、BBSなど口コミサイトを通じて配信するCMも表れ出しました。これは企業側が宣伝費を負担して積極的に進めてゆくものではなく、消費者サイドで商品の魅力を伝えて行こうとする方法でバイラルCMと呼ばれるものです。