一般的な住宅でFC加盟店を運営するには

独立開業をしたいと考え至った時に、第一候補として思い浮かぶやり方が、FC加盟店として運営していくという方法です。一般的に独立開業をしようとする人は、十分な資本金を持っている人というのがそれほど多くありません。だからこそ、なるべく少ない資本金で事業をスタートさせたいと願うのは当然のことと言えます。FC加盟店では、予め設定されている必要な費用さえ払えばすぐにスタートできる場合が多いので、全て自分一人で開業する場合と違って、予想外の費用が発生することが少ないのが最大の魅力です。FC加盟店を運営しようとしている人であれば、そもそもなるべく経費をかけたくないとの考えから、自分が住んでいる一般的な住宅を店舗にしてしまおうと考えておられることでしょう。そうすれば家賃以外にテナント代等もかからず節約になるからです。しかし一般的な住宅を店舗にして運営していくのであれば、やはりそれなりに注意しなければならない点というのもあります。まず一般的な住宅ということもあり、そもそも大家さんが店舗として利用されたくないと考えている可能性もあるということです。既に賃貸物件に住んでいるのであれば、FC加盟店を始める前に一度賃貸契約書等をしっかりと確認する必要があります。賃貸契約書にはっきりと住宅の店舗利用はできないと書いてあるのであれば、大家さんと交渉する必要があります。交渉しても大家さんが許してくれない場合、引っ越しを検討するなりする必要もでてきます。それからやはり一般的な住宅での開業ということになりますと、その周辺に住んでいる住民達の迷惑にならないような措置をとる必要があるということも忘れないで下さい。お店を運営するのであれば、営業時間中は多くの様々なお客様が出入りすることになるでしょう。そんな時にも周辺の住民達の住宅の通常利用の邪魔にならないような対策をすることが大切です。それから最大の問題とも言えるかもしれませんが、騒音にも気をつけることです。どんなお店をやるにしろ、商売をやるのであれば多少なりとも一般的な生活音以外の音も発生してしまいます。トラックの出入りの音等が例ですね。少しでも気持ち良く長くお店を運営していく為には、どうしても周辺の住民達への配慮も必要な場面が多くなってきます。適切な配慮ができれば、その住民達も将来はお客様となってくれるかもしれません。なのでどんな時でも真心と誠意のある対応をすることが大切ですね。

Comments are closed.