低投資で開業できるFC加盟店の注意点

フランチャイズは効率よく開業できる方法の一つですが、低投資で開業できるFC加盟店には注意が必要です。本来は長い間蓄積してきたノウハウを商品としているのがフランチャイズ本部ですから、その商品を安く提供しているには必ず理由があります。低投資でできるFC加盟店と言っても全てが同じではありませんので、サービスやノウハウなどの充実度で見極めることが大切です。低投資型のメリットは文字通り低資金で開業できる点にありますが、安い理由には高度なノウハウが不足していたり経営指導など加盟後のアフターサービスがないケースもあります。一般的に多いスタイルは、本部から経営ノウハウやビジネスモデルが提供され、さらに実際に店舗での指導やアドバイスが受けられるのが基本と言えます。ロイヤリティが発生するのがフランチャイズの特徴ですが、FC加盟店が潤えば本部も潤うのが基本ですから、加盟後の技術指導やアフターサービスがないと致命的な状況も起こってしまいます。FC加盟店は本部の指導を基に経営していきますが、提供されるノウハウが不足するとフランチャイズのメリットが薄れてしまいます。効率のよい経営方法と知名度の高さがフランチャイズのメリットですから、それが受けられなければFC加盟店として経営していく魅力が少なくなります。低投資ではじめられるフランチャイズには必ず落とし穴がありますので、加盟を前に内容をしっかりと確認することが大切です。低投資で出店できるのであればフランチャイズに加盟せず自分で開業してもいいわけですから、メリットをどのように捉えるかがポイントになってきます。フランチャイズには現実に初期投資のみで行える物も多数存在しています。事業に必要な機材を揃え、業務に関する講習を受ければすぐにでも開業できるものがあります。簡単にいえば機材を販売することと知名度を上げることを目的としているようにも感じられますが、業界に知識があって技術力を持っている人であればスムーズに開業することが可能です。本部に縛られることが無いため自由に営業活動が可能ですから、対応できる人にとっては良い環境があると言えます。フランチャイズビジネスは本部のブランド力が最も大きなメリットですが、ブランド力を落とさないために経営ノウハウやビジネスモデルの提供が行われています。低投資ではじめられるとはいっても、メリットが感じられないフランチャイズには手を出さないほうが良いと言えます。