FC加盟店でサービス業をするに当たって注意する事

FC加盟店の制度を利用して独立開業をしようという夢や希望を持っている方が増えてきています。何故なら、独立開業をしようと思っても一体何を準備したらよいのか分からない、独立開業をするのに必要なノウハウやスキルを何も持っていない人が多いからです。その点でFC加盟店を利用して自分のお店をオープンすることは大きなメリットがあります、FC加盟店であれば必要に応じて各種様々な研修を受けることができたり、支援してもらうことができるから、独立開業初心者にとっては比較的始めるのにハードルが低いからです。FC本部にとっても、加盟店がしっかり稼ぐことができるようになれば、それが本部の利益になります。だからこそ本部は必要に応じて加盟店を助けてくれます。ところでFC加盟店で自分のお店を出そうと思っている場合、やはり多くはサービス業としてのお店を出すことになると思われます。FC加盟店としてサービス業のお店を運営していくに当たって注意すべき点とは何でしょうか。それは、会社員と違って自分自身が店長であるので、基本的に普段お店で発生する様々なトラブルに自らが対処できるスキルを身に着けなければならないという点です。例えばサービス業であればアルバイトを雇う必要も出てくるでしょう。アルバイトが自分の都合で急に遅刻や欠勤等をした場合、他に出勤できる要員を急遽探す必要もありますし、誰も見つからないのであれば自分がその穴を埋めるなり、本部にも応援の要請を頼んだりといった機敏な動きをすることが求められます。お店を運営していく以上、日々様々なトラブルが発生します。それにいちいち驚いていたり、うろたえていたりしては仕事はできません。予めよく危機管理対策についても勉強していく必要がありますね。それからサービス業はとにかくお店の評判の良し悪しに常に気を使う必要があります。お客様が求めていることは何かを常に考える必要がありますし、クレーム等が多いのもサービス業の特色です。いかに良い環境のお店作りをすることができるのかを経営者として考える必要があります。それから自分自身で売上目標等といった各種数字を気にして行動していくことが最も大切です。ビジネスですから、売上が全く上がらないのであれば話になりません。売上がなかなか上がらないことに対して本部から何故かと聞かれることもあるでしょう。そんな時でも常に自分なりのリカバリー策を考えておくことが重要と言えます。

Comments are closed.