兼業でFC加盟店を開業することのメリット

FCとは「フランチャイズ」のことであり、FC加盟店とは「本部と契約をした上で、本部の支店として営業をする店舗」ということになります。ケースによっては多少の違いが出てくることもありますが、単純にFC加盟店という言葉が使われる場合にはこうした認識で良いでしょう。このFC加盟店というタイプで開業をすることは完全に新規の事業者として経営をスタートすることと比べていくつかのメリットがあります。特に本部が用意する品質の高い商品を安価に仕入れることができるということや、経営に関するノウハウを教授してもらうことができるということは代表的なメリットであると言えます。そしてこのFC加盟店として開業をするメリットを特に多く享受できるパターンとなるのが「兼業として開業をする」という場合です。では兼業として開業することにはどういったメリットがあるのかと言うと、まず最も大きなメリットとなることが「収入の増加を狙うことができる」ということです。フランチャイズという形で出店をする場合、その出展された店舗は本部の支店となるわけですから、商品に関する選定は本部が行うこととなります。FC加盟店は本部が作成したリストから仕入れる商品を選択するだけで良いわけですから、加盟店の事業主が独自に卸売業者と交渉をするという必要はありません。またスタッフの指導などに関しても本部が用意するテキストなどを利用する形で学ぶことがほとんどですから、本来事業主に要求される教育コストなどもかなり低く抑えることができます。こうした時間的・作業的コストの多くを本部に支払ってもらうことができるわけですから、兼業として開業した場合にも経営を成功させやすくなります。経営が成功したのであれば当然ながら収入を増やすことができますから、貯金ほど手軽ではないにしろ、ある程度簡単にできる収入増加の方法となるでしょう。ただ兼業として開業することに関して全くデメリットが無いわけでもありません。特に事業主の主たる事業が被雇用者として働くということであるのであれば、その雇用主となる企業が作成する社内規定に置いて「副業の禁止」が掲げられていることがあります。この「副業の禁止」が社内規定にある場合には、FC加盟店と言えど兼業状態で開業・事業運営を行っていくことはかなり難しくなってしまいます。また事業主が本来の事業に参加している時間は兼業となる加盟店の業務に携わることができないわけですから、専業として開店する場合に比べると人件費が膨大になりやすいというデメリットもあります。こうした方法を検討するという場合には、事前にメリットとデメリットを考慮するようにしましょう。